表側矯正・部分矯正|日本矯正歯科学会認定医がさまざまな臨床経験と技術で治療をご提供する仙台矯正歯科クリニック

022-714-4187 お問い合わせ WEB初診予約
  1. 指定自立支援医療機関(育成・更生)
  2. 顎口腔機能診断施設

表側矯正・部分矯正 orthodontic

費用を抑えた
表側矯正

費用を抑えた表側矯正

歯の表側に矯正装置をつける治療法です。ブラケットいう小さな装置を歯1本1本につけ、そこにワイヤーを通し、弾性を利用して歯を少しずつ動かします。「矯正治療」というとほとんどの方がこの装置をイメージされるかと思われますが、それほどオーソドックスな装置といえます。
一般的なブラケットが金属製なので、「ギラギラ目立って嫌だ」と思われがちですが、透明なプラスチック製、乳白色のセラミック製など目立たないものもあります。当院では基本的に目立ちにくい装置を使っています。

表側矯正のメリット

ほとんどの症例に適用できる
オーソドックスな矯正装置であり、種類が多いため、ほかの装置が適用できない症例や難症例など、ほとんどの症例を治療できます。
発音に影響しにくい
歯の裏側に矯正装置をつける裏側矯正とは異なり、舌に装置が触れず発音の邪魔にならないため、装置をつけていないときと同様に発音できます。
清掃しやすく衛生的
矯正装置をつけると、食べものが引っ掛かったり汚れが付きやすくなったりしますが、鏡で見ながらそれらを簡単に清掃できるため、衛生的です。
治療費を抑えられる
オーソドックスな矯正装置であり、対応できる歯科医師が多いため、裏側矯正やマウスピース型矯正に比べ、治療費を抑えられます。

表側矯正のデメリット

装置が見えるため、審美的ではない
装置をつけることで口もとに厚みがでて、前に出て見える
食べ物が引っ掛かりやすく、他人に見られる心配がある

治したい箇所に絞った
部分矯正

治したい箇所に絞った部分矯正

部分矯正は、すべての歯に矯正装置をつけるのではなく、治したい歯とその周辺にだけ部分的に装置をつけて行なう矯正治療です。おもにこどもの矯正治療や、歯周病治療後の矯正治療、ブリッジやインプラント治療などの補綴治療前の処置として行なうことが多いといえます。使用する装置には、通常の矯正治療と同じブラケットや、歯の裏側に装着するワイヤータイプのものなど、さまざまなものがあります。※出っ歯や八重歯やでこぼこ歯など、部分矯正による治療が適さないケースが多いため、部分矯正による治療が適しているかどうか知りたい方はお気軽にご来院ください。

部分矯正のメリット

治したい部分だけ治せる
通常の矯正治療では、歯を全体的に動かして歯並びを改善しますが、治したい部分だけ治せるため、装置を全体的につける必要がありません。
装置の装着が部分的
通常の矯正治療とは異なり、装置をつけるのは治したい部分(前歯)だけなので、お口の中の違和感が少ないまま治療を続けられます。
治療期間が短い
全体的ではなく部分的に歯を動かすため、歯並びが改善するまでの期間が通常の矯正治療の半分以下(症状によっては数ヵ月)ですみます。
治療費を抑えられる
部分的に歯並びを改善するため、歯列全体を改善する通常の矯正治療に比べ、治療費を抑えられます。

部分矯正のデメリット

重度の不正咬合には、適用できない
顎の骨の位置に問題があると適用できない
噛み合わせは改善できない
全体的な矯正治療に比べ、完成度が低くなる
治療後の安定性が著しく劣ります
電話 診療カレンダー お問い合わせ WEB初診予約