インプラント矯正|日本矯正歯科学会認定医がさまざまな臨床経験と技術で治療をご提供する仙台矯正歯科クリニック

022-714-4187 お問い合わせ WEB初診予約
  1. 指定自立支援医療機関(育成・更生)
  2. 顎口腔機能診断施設

歯科矯正用アンカースクリューを利用した矯正治療 implant

できるだけ歯を抜かない歯科矯正用アンカースクリューを利用した矯正治療

できるだけ歯を抜かない歯科矯正用アンカースクリューを利用した矯正治療

歯科矯正用アンカースクリューを利用した矯正治療は、通常の矯正治療を行う際、「矯正用インプラントアンカー」(以下、インプラント)という装置を、歯を動かすときの支えとして使う治療法です。「奥歯を後方に動かす」「奥歯を沈める」のような動きもできるため、いままで抜歯が必要とされていた症例も抜歯せずに治療できることが多くなりました。同様に、いままで顎の骨の手術が必要とされていた症例も、手術せず治療できることが多くなりました。また、歯を確実に動かせるようになるため、治療期間が短くなったり仕上がりが良くなったりすることもあります。そのほかにも、抜歯を必要とする治療や特殊な歯並びの場合でも応用できる、たいへんメリットの多い治療法です。
インプラントは、歯を動かす期間だけ一時的に使うため、矯正治療が終われば撤去します。

歯科矯正用アンカースクリューを利用した矯正治療のメリット

抜歯せずに治療できることがある
矯正装置だけではできなかった歯の動かし方ができ、抜歯せずに治療できる可能性が上がるため、抜歯に抵抗がある方でも治療を受けていただけます。
治療期間を短縮できることがある
歯を動かす力が増幅し、治療期間が短くなったり仕上がりが良くなったりすることがあります。就職活動や結婚式などを控えている方におすすめです。
外科的治療をせずにすむことがある
顎の骨の手術など外科手術が必要とされていた症状でも、手術せず治療できる可能性が上がるため、矯正装置のみで治療できる可能性が上がります。
装置によるストレスを軽減できる
出っ歯などは、程度によってヘッドギアのような大がかりな装置をつける必要がありますが、このような装置を使わずに歯を後ろに動かせるため、ストレスを軽減できます。

歯科矯正用アンカースクリューを利用した矯正治療のデメリット

インプラントを埋め込んだり外したりする際に手術が必要になる
埋入後、インプラント周囲を清潔にしていないと、歯肉炎などを起こすことがある
強い衝撃を加えたり、歯肉炎が悪化したりするとインプラントが不安定になり、固定し直すことがある
治療費が高額になる
電話 診療カレンダー お問い合わせ WEB初診予約